■h1キーワード

平塚らいてう所縁の茅ヶ崎、

らいてうが奥村博史とで

あった運命の場所、

当時東洋一のサナトリウムと

言われた「南湖院」「らいてうの碑」を、

米田佐代子先生(平塚らいてうの会会長)の

案内でまわります。

また有形文化財の茅ヶ崎館にて講演会も。
1泊目は、小林多喜二が逗留し「オルグ」を

執筆、今もその時の様子が語り

継がれている七沢温泉福元館に宿泊します。
2日目は、東京で昭和の歴史を学ぶ日、

日本ではじめて戦時性暴力に特化した

記憶と活動の拠点である

「女たちの戦争と平和資料館」、

「東京大空襲戦災資料センター」では

被災者のお話もききます。

なかなか行く機会のない

靖国神社「遊就館」もこの機会に。
3日目のフリータイムでは、

自由行動をしてもいいし、

目的別のグループに

わかれて行動もできます。お

一人様参加で一人歩きが不安な方も

お仲間を見つけられます。

江戸東京博物館はホテルから歩いていけます。
茅ヶ崎ではしらすご飯、

東京ではホテルのランチと

両国のちゃんこ鍋と、食事も充実しています。

■スケジュール

 suke
 
 daikin
 

■申し込み方法

プリンターをお持ちの方
もしこみDL 
プリンターをお持ちでない方
もしこみふぉーむ