■h1キーワード

 

今までナヌムの家を応援してくださった皆様へ ・・・ナヌムの家からの手紙

ハルモニたちが亡くなったとしても歴史を消し去ることはできません。
日本政府が願っていること、歴史の事実を忘却の彼方に捨て去ることは決して許されません。
いま韓国では、ハルモニたちが亡くなっていってるからこそ、その思いを受け継ぎ、公的謝罪や公的な賠償、二度と同じ過ちを繰り返させないための努力を求める声がますます大きくなっています。
追悼館と遺品館がハルモニたちの生きた証を残すとともに、歴史問題、日本軍「慰安婦」問題の解決に少しでも役立つことを願っています。
こうした願いを込めて、2017年11月18日午前10時からナヌムの家日本軍”慰安婦”歴史館 遺品記念館及び追悼館オープン記念式を開催することを決定し記念式参席にご招待いたします。
今まで、ナヌムの家とハルモニたちは多くの日本のみなさんに支えていただいてきました。
多くの支援と多くの寄付に支えられ今までがあります。ハルモニが亡くなられた後も、そのご縁をぜひつなぎ続けたいと願っています。
このたび応援してくださった皆様に感謝を込めて、オープニングセレモニーへの参加の旅にご招待したく
企画いたしました。ほんの気持ちではありますが、1泊2日の宿泊食事の費用をナヌムの家で負担いたします。
取りまとめには、これまで多くの方をナヌムの家にお連れいただいた 2つの旅行社 東京(株)たびせん・つなぐと、北海道(株)旅システム、 に日本のとりまとめを依頼しました。
たくさんの参席をお待ちしております。
オープン当日にはイベントセレモニーも準備しています。日本の皆様の中で公演希望の方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせください。
韓国では伝統サムルノリ楽器祝賀演奏、韓民謡祝歌・演舞披露など準備しております。


■スケジュール

 suke
 
 daikin
 

■申し込み方法

プリンターをお持ちの方
もしこみDL 
プリンターをお持ちでない方
もしこみふぉーむ