ギャラリー

アルバムトップ : 福島ツアー : 7年目の福島の旅 :  Total:10

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (旧→新)

1 番〜 10 番を表示 (全 10 枚)



7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:43    ヒット数263  コメント数0    
福島の夜は参加者の交流の場。生業裁判の中島原告団長も一緒に盛り上がりました。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:44    ヒット数208  コメント数0    
南相馬市小高区にある憲法学者鈴木安蔵さんの生家。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:45    ヒット数251  コメント数0    
浪江町の請戸小学校、前は中に入れたのですが、今年は柵ができて入れないようになっていました。ここは先生の判断で津波の前に山へ逃げ一人の被害者も出さなかったところです。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:46    ヒット数234  コメント数0    
避難解除された飯館村。グリーンのシートに覆われたフレコンバッグの山があちこちに見えました。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:46    ヒット数248  コメント数0    
避難解除された飯館村役場の中で、元村民の方の説明をききました。
2018年3月現在で村内居住者は618人。避難者は5231人です。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:47    ヒット数267  コメント数0    
避難解除された飯館村役場前で、池田香代子さんを囲んで。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:49    ヒット数266  コメント数0    
わたり病院の齋藤紀医師と福島大学元副学長の清水修二さんの シンポジウム「福島の子どもたちの未来」コーディネーターはドイツ文学者の池田香代子さん。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:49    ヒット数241  コメント数0    
対談企画 生業訴訟原告団長の中島さんと、訴訟サポーターの大友良英さん(あまちゃんの音楽担当)、コーディネーターは馬奈木弁護団事務局長。

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:50    ヒット数233  コメント数0    
「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の第2陣第2回提訴の訴状提出のパレードです。前列右から3人目が大友良英さん(あまちゃんの音楽担当、プロジェクトFUKUSHIMA!で様々な活動をされています)

7年目の福島の旅

7年目の福島の旅高ヒット
前回更新2018-3-20 9:51    ヒット数259  コメント数0    
福島に到着した早々、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の第2陣第2回提訴の訴状提出前の集会に参加。ツアー団長の高崎暢弁護士が挨拶をしました。

1 番〜 10 番を表示 (全 10 枚)



Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project